2007年05月26日

ようこそ眠りの王国へ 安眠のための最前線 中国5000年の歴史が育む睡眠力<Esquire(エスクァイア)日本版:2007/05/24>

 
Esquire(エスクァイア)日本版

□ 2007/05/24発売号 

cover photograph by
Alain Nogues
art direction by
Hisashi Sakurai

●● ようこそ、眠りの王国へ。

なぜ夜になると眠くなり、朝になると目が覚めるのか。
なぜぐっすり寝ても、午後には眠くなるのだろう。夢を見る
ことに、理由はあるのだろうか・・・・・・。眠りは謎に満ちている。
快眠の方法論から睡眠の科学&文化まで。人生のおよそ1/3と
いう膨大な時間の中に潜むミステリーの数々から、
“眠りのポテンシャリティ”を導き出す。

● SPECIAL

●数字で見る、眠りのヒミツ。●安眠のための最前線。
●眠りと夢のラビリンスへトリップ!●私の眠りの儀式。
●眠りの儀式を行う理由。●中国5000年の歴史が育む睡眠力。
●ジャンル別、安眠グッズカタログ。
●日・米・欧、眠りの比較文化論。●眠れる美女の森。
●安眠ホテル三番勝負。●東京の快眠ホテル。
●夢の操作方法を教えます。●パワーナップで人生をパワーアップ!
●ラブホテル、寝室空間の未来形へ。ほか

● Feature

●自由なキッチン&バスルーム。
●個性派住宅にみるキッチン&バスルーム。
●キッチン&バス最新ラインアップ。
●水まわりを楽しむためのアイテム。
●マルチェロ・マストロヤンニ、という生き方。
●最新作に垣間見える、北野武の映画への偏愛ぶり。ほか

● Serials/People

●元ちとせ ほか
●マグナムが見た21世紀の光と影 vol.76 穏やかな春の正月。
●写真家がとらえた、クルマのある風景vol.020
Marlene Marino × Porsche 911 Targa 4S
●Esky’s 80’s/「リ」の時代がはじまって、ぼくらは・・・・・・。
●数字で見る世界のニュース/Italy、China ほか
●未来をつくるエリートたちvol.65 ガイア・ガイア ほか

● Art of Living

●ピエール・ガニェールの四季の色/7月は黄色。
●TOKYO美術館下町ウォーク/夜の美術展を鑑賞できるという成熟。
●二人のBARリレー/まるで「アストロツイン」のような友。
●魅惑のメンズケア/アタマに心地よいアンチエイジング。
●今が読める新店/ラ・グラディスカ
●エキスパートがうなる、デザインアイコン
/美と機能の両立こそ、人気のゆえん。 ほか

● Esky

●一冊の本が露呈する現代『聴診器ブック』
●作家が語る新作⇔旧作/今までと全く異なる女性を
描くことで見えてきた自信。金原ひとみ
●ビジュアルブック採集/トム・フリードマン
●永江朗の「新書の時代」
●名監督に訊け!/フィルムノワールの名作に
影響を受けたカフカ的作品。プラープダン・ユン
●シネ・ハント/『アポカリプト』●「音楽家」な人々/バトルス
●カルチャー余談/サエキけんぞう×しりあがり寿  ほか

● Collaboration

●Starbucks/ブラックエプロンの頂点、新アンバサダーが決定!
●ヤマハ/長く過ごす場としてのキッチンへ。
●シーガルフォー/根源的な豊かさを求める人に。
●PRIMAVERA ITALIANA 2007
/イタリアンワインを楽しくする8人の女と1人のサムライ。
●ISETAN/ローレンス・フェロウズの優雅なる世界へ。 ほか

    
posted by Esquire-j at 17:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。