2007年07月26日

今世界をリードするロサンゼルス建築<Esquire(エスクァイア)日本版:2007/07/24> 

 
Esquire(エスクァイア)日本版

□ 2007/07/24発売号 

● 今、世界をリードするロサンゼルス建築。


20世紀以来、斬新な建築・デザインのムーブメントは常に
ロサンゼルスの自由な風土と輝く太陽の下に生まれ、世界へと
発信されてきました。そして今、この街ではテクノロジーと
アカデミズムの研究成果が融合し、建築におけるデジタル
革命がドラスティックに進行しています。この春、UCLAの
建築・都市デザイン学科長に就任した阿部仁史をナビ
ゲーターに、ロサンゼルス建築・デザインの
「現在」と「未来形」を探ります。

● SPECIAL
●今、世界をリードするロサンゼルス建築。
●阿部仁史がナビゲートするLA建築最前線。
●巨匠の半世紀に及ぶ足跡を辿る
/LA、フランク・ゲーリー発見の旅。
●マイケル・ウェッブが選ぶモダニズム建築ベスト10。
●LA流モダンリビング探訪。●ロサンゼルス建築マップ。
●LA版ヒップレストラン&ホテルガイド。
●LAでデザインを買う。●もう一つのカリフォルニア。
●西海岸建築ブックガイド。ほか


● Feature
●ボサノヴァを生み出した、一人の男をめぐるストーリー。
/アントニオ・カルロス・ジョビン、という名の奇跡。
●ジョビン回想録。
●ボサノヴァとフランス、その深遠なる関係。
●特別付録CD:The Essential ANTONIO CARLOS JOBIM ほか

● Serials/People
●ヌーヴェル ヴァーグ ほか
●マグナムが見た21世紀の光と影
vol.78 時代に翻弄された男の目。
●写真家がとらえた、クルマのある風景
vol.022 MOTOKO × MAZDA ROADSTER
●都築響一の「見本市だよ人生は」東京国際ミネラルフェア
●ファッション担当が選ぶ、今月のお薦めアイテム。
●未来をつくるエリートたちvol.67 ロランド・フォス

ほか
      
posted by Esquire-j at 15:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月23日

今、デザインは新クラフト主義 <Esquire(エスクァイア)日本版:2007/06/24>

 
Esquire(エスクァイア)日本版

□ 2007/06/24発売号 

cover photograph by
Yoshihito Imaeda
art direction by
Hisashi Sakurai

●● 今、デザインは新クラフト主義。

伝統的なの手法や人の温もりが感じられるデザイン。時代の
気持ちは今、そんなクラフト=手仕事を生かしたものづくりへと
向かっています。ただし、現代のデザインは手仕事のみで
作られるクラフトだけではおさまりきりません。例えば、
昔ながらの手法を現代のテクノロジーで再構築したプロダクツも
広義のクラフトと言えるのではないでしょうか。そんな
「新クラフト」の全てを紹介します。

● SPECIAL

●そこに、クラフト・スピリットはあるか。
●新クラフトデザイン最新案内。
●デザインの現場では、今日もモノ作りの音が響く。
●デザイン&クラフト運動。
●potteryに見るクラフト、そしてデザイン。
●新進気鋭、次世代を担う日本の職人たち。
●生活に美を取り入れた、クラフトinザ・ハウス。
●自分でリメイク、自分でメイク。
●クラフトデザインが見つかる厳選ショップガイド。
ほか

● Feature

●スイス、ドイツ、そして日本の聖地で総力取材/腕時計の今。
●再生する丸の内、革新の六本木。
●テクノロジーこそ世界最先端のデザイナー。
●美しき技術と、最先端のデザイン。
●ルイ・ヴィトンカップ2007の戦地から
/躍動する古都バレンシア、モダニズムの船出。
ほか

● Serials/People

●マイケル・ホプキンス卿  ほか
●マグナムが見た21世紀の光と影
vol.77 エコブームの裏で起こる戦争。
●写真家がとらえた、クルマのある風景vol.021
坂本政十賜 × Peugeot 207
●都築響一の「見本市だよ人生は」ガレージングEXPO
●ファッション担当が選ぶ、今月のお薦めアイテム。
●未来をつくるエリートたちvol.66 シッシ・ロッシ
ほか

● Art of Living

●TOKYO美術館下町ウォーク
/下町とアートシーンが混在する清澄白河へ。
●二人のBARリレー/何を飲むか、誰と飲むか、どこで飲むか。
●魅惑のメンズケア/紫外線は“若さ”の大敵。
●今が読める新店/知られざるテリーヌ、そのミニマムな妖艶。
●エキスパートがうなる、デザインアイコン
/強くない、でもインパクトのあるデザイン。
ほか

● Esky

●一冊の本が露呈する現代『夕子ちゃんの近道』
●作家が語る新作⇔旧作
/短編小説には作家の技と気配が内包されている。池澤夏樹
●ビジュアルブック採集/フェリックス・ゴンザレス=トレス
●永江朗の「新書の時代」
●名監督に訊け!/計り知れない心の闇を静かに捉えた、問題作。
エリック・スティール●シネ・ハント『ゾディアック』
●「音楽家」な人々/ラ・ヴェネシアーナ
●カルチャー余談/サエキけんぞう×しりあがり寿
ほか

● Collaboration

●おサイフケータイと一緒に東京散歩
/スマートな街歩きの相棒。
●1220万画素の「LUMIX FX100」で切り取る
/変わりゆく都市の風景。
●再生、循環、そして進化する街の魅力
/時を超えるクラス主義、新丸ビルへ。
●NISSAN MURANO/カヒミ・カリィ×辻川幸一郎
●『ゲド戦記』/宮崎五朗監督が、いま「生きること」を語る。
ほか

    
posted by Esquire-j at 17:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月26日

ようこそ眠りの王国へ 安眠のための最前線 中国5000年の歴史が育む睡眠力<Esquire(エスクァイア)日本版:2007/05/24>

 
Esquire(エスクァイア)日本版

□ 2007/05/24発売号 

cover photograph by
Alain Nogues
art direction by
Hisashi Sakurai

●● ようこそ、眠りの王国へ。

なぜ夜になると眠くなり、朝になると目が覚めるのか。
なぜぐっすり寝ても、午後には眠くなるのだろう。夢を見る
ことに、理由はあるのだろうか・・・・・・。眠りは謎に満ちている。
快眠の方法論から睡眠の科学&文化まで。人生のおよそ1/3と
いう膨大な時間の中に潜むミステリーの数々から、
“眠りのポテンシャリティ”を導き出す。

● SPECIAL

●数字で見る、眠りのヒミツ。●安眠のための最前線。
●眠りと夢のラビリンスへトリップ!●私の眠りの儀式。
●眠りの儀式を行う理由。●中国5000年の歴史が育む睡眠力。
●ジャンル別、安眠グッズカタログ。
●日・米・欧、眠りの比較文化論。●眠れる美女の森。
●安眠ホテル三番勝負。●東京の快眠ホテル。
●夢の操作方法を教えます。●パワーナップで人生をパワーアップ!
●ラブホテル、寝室空間の未来形へ。ほか

● Feature

●自由なキッチン&バスルーム。
●個性派住宅にみるキッチン&バスルーム。
●キッチン&バス最新ラインアップ。
●水まわりを楽しむためのアイテム。
●マルチェロ・マストロヤンニ、という生き方。
●最新作に垣間見える、北野武の映画への偏愛ぶり。ほか

● Serials/People

●元ちとせ ほか
●マグナムが見た21世紀の光と影 vol.76 穏やかな春の正月。
●写真家がとらえた、クルマのある風景vol.020
Marlene Marino × Porsche 911 Targa 4S
●Esky’s 80’s/「リ」の時代がはじまって、ぼくらは・・・・・・。
●数字で見る世界のニュース/Italy、China ほか
●未来をつくるエリートたちvol.65 ガイア・ガイア ほか

● Art of Living

●ピエール・ガニェールの四季の色/7月は黄色。
●TOKYO美術館下町ウォーク/夜の美術展を鑑賞できるという成熟。
●二人のBARリレー/まるで「アストロツイン」のような友。
●魅惑のメンズケア/アタマに心地よいアンチエイジング。
●今が読める新店/ラ・グラディスカ
●エキスパートがうなる、デザインアイコン
/美と機能の両立こそ、人気のゆえん。 ほか

● Esky

●一冊の本が露呈する現代『聴診器ブック』
●作家が語る新作⇔旧作/今までと全く異なる女性を
描くことで見えてきた自信。金原ひとみ
●ビジュアルブック採集/トム・フリードマン
●永江朗の「新書の時代」
●名監督に訊け!/フィルムノワールの名作に
影響を受けたカフカ的作品。プラープダン・ユン
●シネ・ハント/『アポカリプト』●「音楽家」な人々/バトルス
●カルチャー余談/サエキけんぞう×しりあがり寿  ほか

● Collaboration

●Starbucks/ブラックエプロンの頂点、新アンバサダーが決定!
●ヤマハ/長く過ごす場としてのキッチンへ。
●シーガルフォー/根源的な豊かさを求める人に。
●PRIMAVERA ITALIANA 2007
/イタリアンワインを楽しくする8人の女と1人のサムライ。
●ISETAN/ローレンス・フェロウズの優雅なる世界へ。 ほか

    
posted by Esquire-j at 17:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。